宮崎駿 フィギュア Top > 千と千尋の神隠し

『千と千尋の神隠し』

わがままで無気力、どこにでもいるような現代っ子の千尋は、引越しの途中で、不思議な町に迷い込む。謎の少年ハクに手引きされ、八百万の神様たちが入浴しに来る「油屋(ゆや)」で「千」と呼ばれながら働くことになった千尋。さまざまな体験や冒険をとおして、少女は「生きる力」を取り戻していく…。



「千と千尋の神隠し」ピンズコレクション

宮崎駿 フィギュア Topへ戻る


イメージモデルコレクションシリーズ「千と千尋の神隠し」釜爺

宮崎駿 フィギュア Topへ戻る


千と千尋の神隠し ジオラマ 油屋

宮崎駿 フィギュア Topへ戻る


釜爺・リン・ススワタリ(千と千尋の神隠し)

宮崎駿 フィギュア Topへ戻る